アンダーヘアのやってはいけない処理法

アンダーヘアの処理法としてカミソリや毛抜きを使うことのデメリットは大きいです。アンダーの近くは肌の弱い部分なのでカミソリ負けすることが多いです。また、毛抜きを使用すると毛は再び生えてこようとするのですが、毛を抜いた毛穴は一度ふさがります。そこを毛が再び生えてこようとするとふさがった穴をこじ開けて生えてこようとするので、とても強くなければなりません。つまり濃く太くなって生えてくるのです。ただでさえアンダーヘアは太くて濃いのにそれ以上の太さになって生えてくるので大変なことになってしまいます。さらにカミソリを併用していると肌も荒れて皮膚が分厚くなってしまいます。そうなると太い毛だけではその分厚くなった皮膚を突き抜けることができないこともあります。すると、毛は出られなくなり丸く皮膚の下で埋もれます。これが埋もれ毛というものです。こうなると皮膚を傷つけて毛を出し処理しなければならなくなります。傷ついた皮膚はまた固くなります。これを何度も繰り返してしまうと取り返しのつかない状態になってしまいます。よってアンダーヘアは皮膚に負担のかからないクリームやジェルを使用したり、エステにいって処理してもらうのがいいといえます。