自己処理の失敗談

ムダ毛処理は自分でやるという人も多いですが、使う道具は安価で手軽にできるカミソリが最も一般的ではないでしょうか。
思い立った時にすぐ処理できますし、お風呂に入ったついでにさっとできるのは便利です、しかし、カミソリは失敗しやすい脱毛法でもあるのです。
一番多い失敗は、肌を保護せずに行ったことで肌トラブルを起こすことです。お風呂で簡単にと、そのままなにもつけずに剃ったり体を洗った時についている石鹸の泡で剃ったりするのはいけません。専用のジェルやフォームを使うなどして剃り、お風呂からあがったらしっかり保湿するようにしましょう。また、お風呂場など高温多湿の状態でカミソリを放置し、衛生面で問題のある刃で剃るのも炎症を起こす恐れがあります。剃るということは皮膚に目で見えない細かい傷がついてしまうものですから、剃る部分を清潔にしておく必要もあります。
そしてカミソリで繰り返し処理するうちに、埋没毛になってしまうこともあります。これは剃ったその場でおこる失敗ではありませんが、気がついたら毛穴が目立ち、皮膚の下にムダ毛がとぐろを巻いて表面に出てくることができなくなるなど、見た目にも気持ちが悪いものです。こうならないためにも、剃る時に注意を払い剃った後もしっかりとケアする必要があります。